テストステロン!? モテる!今、話題のテストステロンとは?

テストステロンについて

みなさんは、「テストステロン」というものを聞いたことがありますか?テストステロンについてご存知の方であっても、どのようなものなのか、どこでつくられているものなのかご存知ない方もいらっしゃると思いますので、テストステロンについて簡単に紹介します。

テストステロンというのは、男性ホルモンの一種です。ホルモンと聞くと、ホルモン焼きを思い浮かべる方もいらっしゃるかもしれませんが、ホルモンというのは内分泌の一種であり、特定の器官でつくられ、血液の流れに載って運ばれることによって、特定の器官に作用するものです。

男性ホルモンには、アンドロゲンやジヒドロテストステロン、アンドロステロンなどいくつかの種類があります。テストステロンというのはアンドロゲンの一種で、男性ホルモンの中でも分泌量が多いもので、精巣や副腎でつくられています。
テストステロンの作用について一言で言うと、「男性らしい身体をつくる」ということです。たとえば、筋肉や骨格を成長させたり、体毛やひげなどを生やしたり濃くしたり、声変りを起こしたり、性欲を促したりといったことでしょうか。テストステロンは、二次性徴期に急激に増加します。

またテストステロンは、「モテるホルモン」とも呼ばれています。テストステロンが正常に分泌されているということは、健康な男性で生殖能力が高いということを示しており、そのような男性に女性は本能的に惹かれるという傾向があるためです。

こちらのサイトでテストステロンの実験を行っているのが面白いです。

男性がモテるホルモン、テストステロンとは。

皆さんはどんな異性が好みでしょうか。
男性でも女性でも、世の中には沢山の人がいますから、人の数だけ異性の好みも違うものでしょう。
このように、人それぞれ好きな異性のタイプは違うと思いますが、人間が生物である以上、女性が男性に対し本能的に惹かれてしまうものもあるのです。

それが、ぞくにモテホルモンとも言われる「テストステロン」です。
テストステロンは、男性が男性らしくあるために影響しているホルモンで、女性は本能的にテストステロンの多い男性に惹かれます。

テストステロンの多い男性は、筋力量が多く、生殖能力も高いため、子孫を残すという生物的な目的の観点から見れば優秀で、女性は本能的に惹かれてしまうのです。

また、テストステロンの量は性格にも影響します。
比較的、テストステロンの量が多い人の方が好戦的で、決断力があり、テストステロンの少ない人の場合、優柔不断で優しい性格であると言われています。
ちょっと悪そうな男性がモテるのは、この影響もあるのかもしれません。

しかしながら、テストステロンが多い事で本能的に女性に好かれても、嫌われないとは限りません。
本能的には惹かれても、理性的には受け付けないという事も多いかと思います。
あくまで、本能的にというところがポイントです。

いかがでしたでしょうか。
このテストステロンを増やすには、筋トレをしたり、亜鉛を摂取したりと方法は色々とあるようですので、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

テストステロンの摂取方法

テストステロンという、ホルモンが人間の身体には存在しています。

男性ホルモンの一種で、思春期に筋肉が付いたり、声変わりをしたりと、男性らしく発育して行くための役割を担っています。

しかし、このホルモンは、男性にのみ存在するわけではなく、
女性の中にもあり、その成果を果たしています。

テストステロンは、精神面に及ぼす力が大きく、
生きて行く上で大切な、活気ややる気の元になっています。
男女かかわらず、前向きに、意欲的に生きて行くためには、欠かせないホルモンなのです。

テストステロンは、本来の効果として、男性型脱毛症の予防、性的障害、EDの治療などに使われますが、身体的な効果だけではなく、精神面でも効果があるというのが特徴です。
精神的に、ポジティブになれる元を作る訳ですが、もともと男性ホルモンなので、男性にはもっと、大きな役割を果たします。成長期に男性らしく育っというだけではなく、
日常生活で、必要量摂取し続ける事で、いつでも、男らしく生きていけるということです。
気持ちが安定するので、本来の自分が自信をもって表現できるようになり、
安定した生活や、充実した恋愛を楽しむ事ができます。

摂取の仕方として、簡単なのは、サプリメントや、
粉末化されたものなどを定期的に摂取するのがお手軽です。

モテるホルモンテストステロン

テストステロンという言葉を最近よく聞きます。
男性ホルモンの一種で、成長期に分泌され、声変わりや、体毛の発育、筋肉が付いたりと、男性らしく成長ためには、欠かせないホルモンの一種でです。

このホルモンが、正常に分泌されなくなってしまうと、男性機能が減退してしまい、
男性脱毛症や、EDなどの性的障害を引き起こしたりしてしまいます。

このホルモンの特徴として、興味深いのは、
機能的に、男性としての力を発揮させるだけではなく、
脳に働きかけて、精神面でも効果があるという事です。

このホルモンが、安定して、補えることによって
気持ちが安定し、生きるための前向きな思考や、熱意、ヤル気につながるので、
効果は、体内的、対外面的両方にきたいできます。

気持ちも充実した上に、男性らしい容姿に磨きがかかるという作用から、
テストステロンは、モテるためのホルモンと言われているのです。

服用方法は、治療対象の症状にもよりますが、
治療のために、医療機関で処方されるのが基本でした。
しかし、研究が進み
最近では、一般的に摂取できるよう開発されて、
サプリメントや粉末化されたものなどを市販で購入できるようになりました。

定期的に摂取することで、身も心も男性的に輝いて生きていけることができたら、
きっと、人生も変わりますね。
そんなきっかけがホルモンの分泌にあったとは、意外と盲点だったかもしれませんね。

モテモテオーラに不可欠なテストステロン

筋肉モリモリ、鍛えられたボディー、シャツの胸元から見える体毛が何ともワイルド!
活発で、好奇心旺盛で、タフ!そんな男性を見ると、ちょっとドキッ。

バリバリのマッチョはタイプではありませんが、男らしく、いつでも守ってもらえるという安心感も感じられるのは、このテストステロン溢れる肉食男子なのでしょう。

最近では「男らしさ」に必須なテストステロンが少ないのか、草食男子が増えましたね。
女性のようなしなやかな体型、闘争心もなく、常にケセラセラ・・・
物事にストイックに取り組んだり、突き進む(エネルギッシュさ)に欠ける男性が多いです。。。

それを平穏な性格、優しい男(ひと)と見るかどうかは、女性の好みで判断が分かれるのでしょう。

男らしさを強化する大切なこのホルモンも、年々その分泌は減少していきます。
テストステロンを手っ取り早く取り込むには、サプリメントもありますが、
日々できることとしては、有酸素運動の筋トレを行うことで、筋肉への刺激を継続させ、テストステロン値を上げることができます。

食事も、タンパク質、牡蠣や豚レバーなどに多く含まれる(亜鉛)、スイカなどに多く含まれる(シトルリン)はテストステロン値を高めたり、分泌の変化や遅延を防ぐことができるのです。

疲労とストレスも、テストステロンの分泌に大いに影響します。
よく寝て、よく食べ、よく笑い。
趣味や気の合う仲間と過ごす時間を多く持ち、ストレスフリーな生活を心掛けることが一番のベースになるのです。

男性のみなさん。テストステロンいっぱいに、モテモテオーラをバンバンに放出させ、どうか女性陣をイチコロにしてくださいね。